グラスの向こう ブラッディ・メアリーの女 忍者ブログ QLOOKアクセス解析
グラスの向こうに見えるありふれた日常は、はたして現実なのか虚妄なのか。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

重厚な厚みのある木のドアを開けると、心地よい音楽が僕を迎えてくれます。
なじみのその店は、日常を少し斜めから見ることのできる稀有の場所でした。



彼女と出会い、意気投合したのもこの場所でした。

カウンターのいつもの場所に座ると、いつものようにカットトマトと、レモン、
ABSOLUTのPEPPAR 、グラスと氷が出てきます。
氷を入れたグラスにウォッカを注ぎ、トマトにレモンを絞って口に放り込み
2.3回咀嚼してからグラスのウォッカを流し込みます。
おいしいブラッディ・メアリーです。
ただ、ウォッカに唐辛子が入っててすごく辛いブラッディ・メアリーですが
結構気に入っています。



せっかく、日常を少し外れたところにいるわけですから、
コレくらいの飲み方が普通なのでしょう。

一つ離れた席にいた彼女はその飲み方が気になったのでしょう、
声をかけてきました。
簡単な説明をして、一杯ご馳走してから、
彼女が僕の隣りに移動してグラスを傾けるまでそれほどの時間を要しませんでした。

それから、その店は僕達のデートの待ち合わせ場所となってしまいました。
それ以来その店では、日常を少し斜めから見ることが出来なくなってしまったのです。
そしてそれは、彼女も同様だったようです。

僕達は毎夜のように、日常と非日常の間でデートを重ねました。
と言うより、デートの最中は常に非日常でした。
お互いのニックネーム以外の名前や住んでいる所など何も知らないのです。
そのことが、逆に一緒にいる時間をより濃いものにしたのでしょう。

一年ほどが過ぎた時、彼女は日常に戻っていきました。
もちろん、その理由も行き先も聞いていません。
彼女に貰ったプレゼントだけが、彼女の存在を示しているようです。

今、思い出しても、グラスのむこうは霧のかかったように霞んでいます。



僕はまた、日常を少し斜めから見ることのできる場所を探して歩いています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
ブログランキングに
参加しています。
ご協力をお願いします。 人気ブログランキングへ
プロフィール
HN:
桧垣隆介
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1965/06/06
趣味:
ゴルフ、読書
フリーエリア
フリーエリア
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ グラスの向こう ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]